ダムと自転車が主成分 目指せダムブログ
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122
 半分くらい富山県と白川村にいたという
そんな飛騨方面遠征前編

 今回は珍しく深夜時間帯の4時出発
というのも出発したのが木曜日、平日だったため、ETC深夜割の時間内に八王子料金所を通過したかったため
品川まで行き友人をピックアップ、首都高から中央道、長野道と進み松本で高速を降りR158を上高地方面へ進む
水殿







奈川渡









 稲核は寄らなかったけれど水殿、奈川渡に休憩ついでに立ち寄り
対ダム撮影において魚眼ちゃんデビューす
アーチダムは面白い絵になりますね、ぐわんぐわんにゆがむ
 本当は安曇発電所の見学もしたかったのですが、まだテプコ開いてなかったのよね
右岸側の軽食屋さんで休憩し、安房峠方面に進み、高山市街へ
今回は親を久々野と高山に連れて行くという任務もあったので、一度高山市街をスルーし久々野に行く
いい天気









 久々野駅
高山本線最高地点、標高676mらしい
 駅前の定食屋さん、そばやさん?で昼食後、今度こそ親を高山で降ろし御母衣方面へ
 中部縦貫無料区間→飛騨清見IC→東海北陸道と乗り継ぎ、荘川ICで降りる
飛騨清見ICは中部縦貫とのジャンクションにもなっており、なかなか素敵なジャンクションになっています
 荘川IC下車すぐのそばの里荘川に立ち寄り、小休止
でかいのとちいさいの






そういや小里川にも大きい水車あったけど、岐阜は水車好きなんすかね?
 あとは川沿いのR156を北上、御母衣ダム左岸ダムサイトに到着
取水施設?






御母衣ダム ダム便覧
 これも電源開発のダムですね、最近は何かと電源開発のダムだなぁ
 上流側からダム堤体にもっと近づける?あまり時間もなかったので探索はせず、下流の御母衣電力館に行く
すいしゃー






 駐車場には発電所で使われていた水車が展示されていました
本日水車との遭遇二回目
ごつい






 御母衣ダムを下流から見る
手前にあるのが御母衣発電所
堤体まで結構距離があるのにこの存在感、ぜひ間近に寄りたいが……
 で次、そのままR156を北上、1kmほど行ったところになにやらかっこいい合掌造りの家が
いいところ






そのまま通過しようとしたら何やら資料館になっているらしく、営業時間終了間近だったがとりあえず寄ってみることに
受付のお姉さんに見学しても大丈夫か聞いてみると快くおっけーが
 昭和46年まで実際に人が住んでいたそうで、生活臭アリアリの家の中をぐるっと回れます
入館料は大人300円/子供150円
御母衣ダム見学のついでにオススメ
 気付いたら日没寸前、こりゃやばいと先を急ぐ
やや遠いじゃぶじゃぶ






鳩谷ダム ダム便覧
 微妙に急いでいたので言い撮影場所が見つけられず、微妙な感じ
関西電力特有?の黒塗りのクレストゲートが渋いですね
55-300mmのレンズを初めて使用、寄るとにょっきりレンズが伸びてなんか卑猥
卑猥なのは僕の頭の中ですね
しかし便利ですね望遠レンズ
 このまま庄川沿いに北上して行きたかったところですが、タイムオーバー
R360を通り下小鳥ダムにも立ち寄りましたが暗くて撮影できず
 飛騨古川でご飯を食べ、ここの居酒屋のおばちゃんがとんでもない人で一人きりでラーメンとチャーハンにつまみ各種を20分ほどで出すという、飛騨数河、これですごうと読むのね、の宿泊地へ
そんな具合で1日目終了

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
プロフィール
HN:
仙人掌
性別:
男性
趣味:
ダム巡り/自転車
自己紹介:
にわかも5年くらいたてばダムマニア入門者くらい自称していいんじゃないか
という強気な姿勢
巡回形式を自転車に一部変更中
いまでも目指すはダムブログ
ブログ内検索